嬉しい美容対策サプリベスト20 > 日焼け止めの種類と紫外線について

日焼け止めの種類と紫外線について

日焼け止めに記載されている「SPF」と「PA」という表記の意味を知っていますか?「SPFの数値が高ければ良いんだっけ。。?」となんとなく高い数値だから購入しているという方も多いではないでしょうか。
SPFとは「Sun Protection Factor」サンプロテクションファクターという意味です。その頭文字をとってSPFと呼ばれています。また、紫外線防御指数と呼ぶ事もあります。
SPFの数値が高く、PAの+が多いという表記の日焼け止めは、紫外線を防止するには最適の日焼け止めなのですが、SPFの数値が高くなっていく程にお肌のへ負担が掛かってしまうのです。真夏の強い日差しの中の作業や、長時間外出する際には高い数値の日焼け止めを選びましょう。
ですが、短時間の外出やお洗濯を干す際にはお肌に負担の少ないSPFの数値の低い日焼け止めの方がベターです。日焼け止めや下地の他にフェイスパウダーにもUVカットが含まれている物もありますので、なにより手間が掛からずにきちんと感が出るのでおすすめです。

太陽の光には私達が見えていない光があります。その正体が実は紫外線なのです。
太陽を見ると眩しいですよね。ですが、紫外線は人間の目には見えてはいません。実は、人間の眼の角膜は可視光線と言われる「目で見える光」以外は認識ができないのです。
この見えない紫外線には2つの種類があり、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)と呼ばれています。紫外線は英語で「Ultra Violet」ですので頭文字をとり「UV」となっています。
UVAは天気や季節を問わずに降り注ぐ紫外線です。こちらのUVAは浴びるとすぐに日焼けしてしまう事はないですが、ガラス等を透過しやすいのです。ですので、室内にいるから安心と考えている人は注意が必要です。職場で窓が近いデスクの方は、紫外線対策を万全にして下さい!
一方のUVBはガラスを透過しにくいですが、快晴の日は人間のお肌に到達しやすいのでサンバーンと呼ばれる皮膚炎症を引き起こしてしまいます。
サンバーンは、皮膚が熱くなったり、ひりひりとした痛みを感じて赤くなってしまう症状です。
海やプールで長時間泳いでいた後にこの症状になる方も少なくないのではないでしょうか?
長時間の海水浴やプールには水着の上にラッシュガードを着たりする等して可能な限り日焼け防止をしましょう。

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果