嬉しい美容対策サプリベスト20 > 抗酸化作用を持つ成分を取り入れて内側からの紫外線対策を行おう

抗酸化作用を持つ成分を取り入れて内側からの紫外線対策を行おう

強い日差しを浴びてしまった時は、お肌はひりひりとする赤味を帯びた状態になり、やがて黒く「焼けたお肌」になる日焼けを起こしますよね。ですが、紫外線対策をしっかりと行い、日焼けを起こすことはなくても、どことなくお肌に透明感がなくくすんで見えることがあります。日焼けとくすみは、ともに紫外線を浴びることで起こるお肌トラブルですが、日焼けは主にUVBによるもので、くすみはUVAによるお肌トラブルです。UVAは窓ガラスも透過するため、室内にいても起こる可能性があるお肌トラブルなのです。気がつくとお肌がくすんで見えるのは、もしかすると室内で浴びたUVAの影響かもしれません!

ですが、室内で過ごす時までしっかりと紫外線対策を行うのは大変です。そこでおすすめなのが、体の内側から行う紫外線対策です。普段の食生活に少し気を付けることで行える対策となりますよ。

お肌がくすむ原因は、紫外線から身体を守るための防衛反応として肌細胞の中にメラニン色素が作られることと、活性酸素の影響により細胞が酸化してしまい「老化」することで起こるものがあります。メラニン色素はお肌のターンオーバーにより徐々に細胞自体が押し出されていくことで排除されてゆきますが、活性酸素によりお肌の基底層の細胞が傷つけられてしまうと、新しい細胞を生み出す力が衰えるためにターンオーバーの速度が低下し、いつまでも古い細胞が残ってしまうことで起こります。メラニン色素を含む細胞がいつまでも残るため色素沈着が起こり、くすむのです。

基底層の細胞が傷つくことを防ぐためには、活性酸素が細胞を酸化させる前に活性酸素を還元すればよいのです。その役割を果たすのが「抗酸化作用を持つ成分」です。

色鮮やかな野菜にはファイトケミカルが含まれていることが多く、抗酸化作用を持つ成分も含まれているため、沢山の野菜を食事に取り入れるとよいでしょう。

野菜が苦手という方でも、肉や魚にも抗酸化作用を持つ成分が含まれていますよ。
外からのケアだけでなく抗酸化作用が期待できる食材も摂取することを心掛けましょう。

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果