嬉しい美容対策サプリベスト20 > 頑張らずに行える3つの日焼け対策の方法

頑張らずに行える3つの日焼け対策の方法

日焼けはしたくないと思っても、日焼け対策を行うのが面倒になることはありますよね。そこまでなら大丈夫と思って日焼け止めをつけずに出かけたために、気がつくとお肌が赤く炎症を起こしていたり、黒く焼けてしまったりした経験を持つ方は多いでしょう。

日焼け止めや日傘、帽子といったグッズを揃えても使わなければ意味がありません。また、手間がかかるものやめんどうだと感じるものも、結果的に使わなくなるために意味がないのです。日焼け対策は、頑張らないといけないものではどうしても続かないため、頑張らなくてよい対策を行う事が必要といえますよね。では頑張らなくてもよい日焼け対策にはどのようなことがあるのでしょうか。

一つ目は、生活動線に日焼け止めを置いておくことがおすすめです。あちこちに日焼け止めを置いておくことで、わざわざ日焼け止めを塗るために部屋にもどったり洗面所に戻ったりする必要がなくなります。ポンプタイプの日焼け止めなら、手軽にワンアクションで日焼け止めを塗れますね。玄関の靴箱の近くに置いておくと、夏場サンダルを履く前にささっと足の甲に塗ることもできますよ。

二つ目は、日傘や帽子は一カ所に置き玄関にスタンバイさせておくことです。普段車で移動することが多い方なら、車の中にワンセット置いておくのもよいですね。しまい込んでしまうとどうしても取りに行く手間がかかるため、まぁいいかと思ってしまうのです。出掛ける時に目につく場所においておけば、ついでに手に取ることができるようになりますよ。普段使うバックが決まっているのであれば、バックの中に折り畳みの日傘と帽子を常に入れておくのもよい方法です。

三つ目は、毎食フルーツや色の濃い野菜を食べることです。日焼けとどんな関係があるの?と思うかもしれませんね。フルーツや色の濃い野菜にはビタミンが豊富に含まれ、さらにファイトケミカルと呼ばれる強い抗酸化作用を持つ成分が含まれることが多い特徴があります。日焼けによるダメージはお肌が黒くなるだけではなく、活性酸素が生み出され、細胞が酸化し機能を低下させるというトラブルも引き起こします。抗酸化作用を持つ成分を食事から取り入れることで、活性酸素の影響を減らせるのです。

実は日差しを浴びてお肌の色が濃くなる日焼けよりも、活性酸素の影響で細胞が酸化する方が将来のお肌トラブルにつながるため危険なのです。
内側からの美味しく行う日焼け対策も心掛けましょう。

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果