嬉しい美容対策サプリベスト20 > 化粧水で保湿しないと日焼けしやすいのは本当?

化粧水で保湿しないと日焼けしやすいのは本当?

濡れた新聞紙と乾いた新聞紙を燃やそうとしたとき、どちらが早く燃えていくでしょうか。それは乾いた新聞紙ですよね。お肌も同じことが言えます。うるおいのあるお肌は見た目が美しいだけではなく、紫外線や熱のダメージを軽減させるパワーを持っています。しかし乾燥していれば、その本来のパワーは半減してしまい、ダメージは蓄積していきます。すると日焼けだけではなく、シミやそばかすとしてもお肌に残ってしまいます。

日焼けやシミ、そばかすはお肌の細胞がDNAへのダメージを防ぐために必死に行った自己防衛の証ですが、お肌を危険にさらした結果であることは確かです。見た目の問題だけではなく、健やかなお肌を維持するためにこのようなダメージを防ぐほうがいいに決まっています。そのためダメージを軽減させ、さらに抵抗力のあるお肌を維持させるために、保湿というスキンケアの基本をサボるわけにはいきません。

このスキンケアの重要なカギを握っているのは化粧水です。重要なアイテムではないという皮膚科医や美容家もいるようですが、お肌への心地よさや次に使用するステップをスムーズになじませる役割を持っています。また、うっかり日焼けにはほてりを鎮めるという重要な働きもあるのです。

日焼けしたお肌にうるおいを与え美白に導くためには、化粧水で保湿しやすいベースを作る必要があります。単純に清潔な水で顔を洗うだけで充分ではないのが現代の過酷な環境です。お肌に刺激を与えずに、うるおいを通しやすいお肌にしていくことが化粧水の役割であり、また緊急事態のお肌を鎮める役割もあります。

良い状態にお肌を守ることがスキンケアの基本で、よりよい健やかなお肌を育てていくために欠かせないことです。そのためにも保湿の基本となる化粧水は自分の好みやお肌との相性の良さで選びましょう。日焼けしにくいお肌を維持させ、ダメージの残りにくいお肌に育てるためにも欠かすことができません。治療は医療機関で可能ですが、健やかなお肌を育てて維持するということは自分自身で行うしかないのです。とはいえ、それは毎日行うセルフケアで可能になるというのはありがたいことではないでしょうか。

バランスのいい食生活でお肌の材料やエネルギーとなる栄養素を補いながら毎日おお肌をケアしましょうね。

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果