嬉しい美容対策サプリベスト20 > 保湿の仕方次第で日焼けを防げる?

保湿の仕方次第で日焼けを防げる?

健やかで美しいお肌をみずみずしいと表現しますが、これも水分を多く蓄えられるお肌を指しているなら正しい表現です。お肌は内部組織のコラーゲンやエラスチンでハリを支えていて、さらにそのすき間を水分で埋めて、あのみずみずしさを維持しています。さらにお肌の表面の溝は水分で埋められ、その上を油分で覆って蒸発しにくくさせているのです。外気の乾燥や自分自身の体温で水分が逃げていくことを防ぐためにうるおいを補充し、さらに逃がさないためのヴェールを必要としています。

お肌の保湿を行うためにも化粧水は必要です。特に湿度の高い環境で育まれてきた日本人のお肌は表皮が薄く、乾燥しやすい特徴を持っています。しかし現代は環境の変化が大きいために、自分自身でうるおいのヴェールを重ねてあげる必要が出てきているのです。ですから、スキンケアの基本が保湿と言えるのです。毎日のお手入れでうるおいを与え、さらに逃げにくくさせながら、自分でうるおいを蓄えるお肌に育てていくことがどの年齢でもスキンケアの課題なのです。

メイクや日焼け止め、古くなった皮脂や角質、知らない間に付着した汚れなどをきれいに落とすことは重要です。その際のお肌への負担を減らすことと奪われたうるおいをうまく補充することがスキンケアであるともいえます。お肌に負担をかけないように余計なものを取り去ると、ある程度はうるおいや油分が奪われてしまうのです。だから保湿はお肌を回復させるための大切なステップになります。

お肌にうるおいうまく与える方法は、付着してしまった余計なものを洗い落としたら、すぐに化粧水で表面を整えてあげることです。キメを揃え、柔らかな状態に整えれば、うるおいを与える美容成分を含むアイテムがうまくなじみます。その上から与えたうるおいを逃がさないために、油分を含むアイテムで覆うとお肌の水分が守られます。このようにしておくと、紫外線による日焼けや乾燥のダメージを受けても、お肌が回復するスピードが早くなるので重要です。

お肌が回復する力をもっと高めたいのであれば、必要な栄養素を食事によって取り入れ、内側と外側から美肌をサポートしましょう。

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果