嬉しい美容対策サプリベスト20 > うっかり日焼けを防ぐ保湿の仕方はある?

うっかり日焼けを防ぐ保湿の仕方はある?

ムラなく日焼け止めを使い、スキンケアでお肌のコンディションをキープし、食生活で重要な栄養素をバランスよく摂取していても、日焼けを防ぎきれないことがあります。いわゆるうっかり日焼けです。仕事が忙しいときやバカンスが楽し過ぎたときなどさまざまなシチュエーションで起こります。後悔したくなりますが、回復させる方法はありますし、むしろ、気が付いたときに行うスキンケアの仕方で後からお肌に差が出てくるのです。もちろん日焼けを防ぐ効果も期待できます。

うっかり日焼けに気が付いたとき、やるべきことは保湿です。しかしこの効果を高めるために、まず、ほてりを冷ますステップを行いましょう。日焼けはヤケドと同じものと考えると納得できるはずです。お肌の状態を整えてあげることで、きちんとうるおいを受け入れるお肌になってくれます。ほてったお肌をクールダウンさせて、まず熱でお肌の細胞に負担がかからないようにするわけです。クールダウンの際にも負担をかけないようにステップを踏むことを忘れないようにしましょう。

クールダウンの方法は冷やすことですが、ひどい日焼けや熱中症とはやり方が異なります。うっかり日焼けで行うスキンケアのクールダウンには化粧水の活用がおすすめです。しかし、普段通りの手のひらでパシャパシャ使うやり方や、コットンに含ませてパッティングしながらというやり方は刺激になることがあります。そのため手のひらやコットンを使う場合でも優しくなじませて少しずつ冷やすようにするか、スプレーしてから手のひらでなじませるほうが刺激を減らせます。

使用する化粧水も保湿タイプのほうが、一気に美白タイプを使うよりもお肌に刺激を与えません。美白する働きもあり、お肌のダメージを回復させる成分であるビタミン配合のうるおいを与える化粧水なら、負担を減らしながらクールダウンさせることができます。うるおいを与えながら冷やすことができるタイプのものでまずお肌を整え、その後から保湿効果のあるアイテムを使うと、うっかり日焼けからのリカバリーを行えます。

うっかり日焼けをしてしまったらクールダウンをして、お肌を整えてあげましょう。

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果