嬉しい美容対策サプリベスト20 > 紫外線A波とB波の違いは?美肌に与える影響

紫外線A波とB波の違いは?美肌に与える影響

美肌の大敵・紫外線にはその波長の長さによって「A波(UVA)」と「B波(UVB)」、「C波(UVC)」の3種類に分けられますが、このうちC波はオゾン層に吸収されるため地上には届きません。地上にまで届いて私たちの肌に悪影響を与えるのは、A波とB波。ではこの2つの紫外線にはどんな違いがあるのでしょうか。

例えばアウトドアで思いっきり紫外線を浴びて肌が真っ赤になってしまう原因となっているのは、UVBです。このため「レジャー紫外線」なんて呼ばれることもありますが、実は全紫外線の中で約5%しか含まれていませんし、波長も短いので肌の奥にまで達することはないんです。そうでありながらこれほど肌に強い影響を与えるのは、非常に強いエネルギーを持っているため。肌の表皮に届いたUVBは細胞に影響を与えて血管拡張物質を生成させます。これにより肌の毛細血管が拡張して赤くなり、炎症を起こすというわけです。また紫外線が肌の表皮に届いた時点でメラノサイトはそれをキャッチ。この悪い影響から肌を守らなければとメラニン色素の生成を促します。こうして肌が褐色になってしまいます。

一方UVAはUVBほど影響のわかりやすい強いエネルギーを持っているわけではないので見過ごされがちなんですが、実は全紫外線の約95%を占めていて、しかも波長が長いので肌の奥深く、真皮層にまで届いて悪影響を及ぼします。具体的には、コラーゲンやヒアルロン酸など肌の弾力や潤いを保つ成分を作り出す「線維芽細胞」を傷つけてしまうため、シワやたるみの原因になってしまうんです。しかもUVBと同じくメラニン色素の生成を促すため、これも日焼けの原因になるだけでなく、保湿力を失った肌はターンオーバーが乱れてメラニン色素がなかなか代謝されず、シミの原因にまで! UVBと違って影響がすぐに目に見える形で現れるわけでない分、より厄介ですよね。そのうえ波長が長いせいで雲や窓ガラスも通り抜けて私たちの肌に達してしまいます。「今日は曇りだから」「屋内だから」なんて油断していつのまにか日焼けしてしまう「うっかり日焼け」も、このUVAが原因なんですね。

従って、UVBにばかり気をとられてUVAの存在を忘れていると、徐々に美肌が損なわれていきます。家の中でも窓の近くにいると日焼けしてしまいますから、例え外出しない場合でもUVカット効果のある化粧品・サプリメントを使うなどの対策を講じましょう。

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果