嬉しい美容対策サプリベスト20 > 日常に潜む老け顔習慣とは?

日常に潜む老け顔習慣とは?

年齢を重ね、お肌のシワやたるみが増えていくのは自然なことですが、もしかしたら普段の生活の中にひそむ、ちょっとした日常習慣が老け顔を加速させている可能性もあります。老化を早めてしまうNG習慣を4つあげるので自分にあてはまることがないかチェックしてみてください。

■「スマホの見すぎ」
スマホを操作しているとき、顔はうつむきがちになりますよね。大人の人間の頭の重さはボーリングの球と同じくらいだといわれていますから、うつむいている時間が長いと、顔の筋肉はその重さに耐えられず皮膚はたるんで、ほうれい線が深く刻まれます。スクリーンタイム機能を使うと、1日どのくらいの時間スマホを見ているかチェックできます。

■「喫煙」と「飲酒」
タバコは百害あって一利なし。タバコに含まれる200種類以上の有害物質はお肌の老化を早め、スモーカーズフェイスと呼ばれる喫煙者独特の老け顔になってしまいます。タバコに含まれる有害物質が血管を収縮させ、お肌に必要な酸素が取り込めなくなります。
その結果シワやシミ、たるみがあらわれます。アルコールもタバコと同じように、皮膚の抗酸化作用を低下させます。アルコールには皮膚を乾燥させる作用があることが分かっているので、1日2杯以下に抑えて深酒を避けましょう。

■「慢性的な睡眠不足」
睡眠不足が続くとお肌の再生サイクルが乱れます。皮膚細胞は一定のサイクルで再生を繰り返していますので、紫外線や乾燥、洗顔の際の摩擦やメイクなどでダメージを受けても、一定の期間が経つと古い角質は剥がれ落ち、新しい皮膚細胞に変わります。お肌の再生機能が回復し正常に働くには1日8時間の睡眠が必要です。

今回は4つの習慣だけを取り上げましたが、私たちの日常には老け顔を作ってしまうNG習慣がたくさん隠れています。いくら高いスキンケア化粧品を使っても、生活を見直さないかぎり改善できません。。
老け顔習慣を取り除いて、生活習慣を見直しお肌を若返らせましょう!

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果