嬉しい美容対策サプリベスト20 > 老け顔はどこで判断されるの?

老け顔はどこで判断されるの?

同じ年齢でも、実年齢よりも年上に見られてショックだったことはありませんか?10代の頃は実年齢よりも大人に見られるとうれしいものですが、20代を過ぎてから実年齢よりも上に見られると「あれ?私って老け顔なの?」とイヤな気持ちになりますよね。
気になる老け顔ポイントをチェックしていきましょう!

■表情
老け顔に見られる原因の1つは「口角」です。口角が下がっていると、表情が暗くなり老けて見られます。口角の角度が2度下がると4歳老けて見えると言われますから、口角を上げることは大切なのです!鏡を見ながら顔のエクササイズをしましょう。
簡単にできる口角エクササイズをご紹介します。割りばしを口にくわえたまま、口角を上げて30秒間キープします。鏡を見ながら1日3回行ってください。表情筋を鍛えると口角が上がります。普段から笑顔を心がけることも大切です。テレビやスマホを見ている時、ゲームをしている時などは無表情になりがちなので、目につくところに鏡を置いて、時々自分の表情を確かめてみてください。口角をあげて笑顔を作るように、ちょっと意識するだけで若々しく見えますよ。

■お肌のハリ
どうしても年齢を重ねると女性ホルモンが減少し「お肌のハリ」は失われてきます。
頬に触れてみて、弾力がなくなってきたと感じたら、健康的な食事や規則正しい睡眠習慣を心がけてみましょう。保湿クリームや乳液などスキンケアで潤いをプラスすることばかり考えがちですが、皮膚の水分は外からでは補えません。体の内側から保湿成分をプラスしないと、お肌のハリは戻りません。食事では補いきれない成分はサプリなどで補いましょう。

■ほうれい線
「ほうれい線」は老け顔の最大の特徴といってもいいかもしれません。紫外線対策や乾燥ケアである程度は予防できますが、普段の生活も大切です。うつむきがち、頬杖をつくといった習慣はほうれい線を作り出します。姿勢をよくし、うつむきすぎないように意識してみてください。
表情筋が失われると、頬のたるみが大きくなるので、マッサージやエクササイズで表情筋を鍛えましょう。

嬉しい美容対策サプリ第1位はこちら

ランキング結果